資料請求・お問い合わせ ページトップ
知識を加工して、新しい知識が生まれる

お問い合わせ窓口

株式会社ソフトサービス
本社(福岡)
092-477-5566
関東営業所
03-5809-1428
関西営業所
06-6881-2709

株式会社デジモは株式会社
ソフトサービスの子会社です

資料請求・お問い合わせはこちら
ハイスピードカメラシステム

デジモのハイスピードカメラ 概要

一瞬の価値を大切にする、デジモのハイスピードカメラ

ラインレコーダー / ラボレコーダーは、現場の高速現象から必要な瞬間をリアルタイムに可視化することのできる、ソフトウェアエンジニアリングが“一瞬の価値”を大切にするお客様へご提案する高速度カメラシステムです。
ラインレコーダー / ラボレコーダーは株式会社デジモの開発製品です。
多数の導入実績があるデジモ社ハイスピードカメラと、FAソリューションで培った豊富な経験を活かしたソリューションをご提案いたします。

特徴

1最高3,000コマ/秒のハイスピード録画
一般のビデオカメラでは映すことができない一瞬を見逃しません。撮影された動画はビューワーソフトで様々な速度にて再生が可能です。
2長時間録画・リアルタイム再生
SSD直結なので容量が許す限り、長時間の録画が可能です。
また、リアルタイムで録画中の動画がスローモーションで再生可能なため、経過確認やフォーカスの再調整が容易です。
3様々な録画モードを搭載
撮影対象・状況によって、録画方法のニーズは異なります。デジモのハイスピードカメラは、エンドレスループ録画をはじめ、外部信号トリガー、輝度トリガーなどトリガー信号前後で指定した時間分を動画として残す録画モードを搭載しています。
4豊富なオプション
遠隔操作が可能なリモートコントロールキットや、外部信号トリガーを使用した各種センサーデータ同期収集・同期表示キット、その他画像処理ソフトウェアなど、様々な現場のニーズに対応したオプションを取り揃えております。

製品

製品紹介 [ラインレコーダー]

ラインレコーダー 概要

高速生産ラインにおける「見えない」「タイミング良く撮影出来ない」という課題に対し、トリガー信号前後での自動録画機能や、リアルタイムかつスロー再生で高速現象の一瞬を捉え、トラブル解析、予知をサポートします。

モデルラインナップ

Vモデル - LRH1540v -

ネットワーク経由で遠隔操作。
リモート監視とトラブルの集中管理を実現。

【 ハードウェア構成 】
 ・NUC
 ・VCC-H1540 高速CMOSカメラヘッド
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・USBカメラケーブル 3m
   ※ 延長ケーブル別売
    10m・20m・30m・50m
Nモデル - LRH1540n -

コンパクトなバッテリー駆動。
屋外撮影などの環境にも柔軟に対応。

【 ハードウェア構成 】
 ・コントローラー(ノートPC)
 ・VCC-H1540 高速CMOSカメラヘッド × 1
   ※ カメラ2台型構成時は
     VCC-H1530 高速CMOSカメラヘッド × 2
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・USBカメラケーブル 3m
   ※ 延長ケーブル別売 10m・20m・30m・50m
Dモデル - LRH1530d LRH2510d LRH3510d -

最大〜20,000コマ/秒×大容量ディスク×4台同期撮影。
生産ライン特殊用途向けのハイエンドタイプ。

【 ハードウェア構成 】
 ・コントローラー(デスクトップPC)
   ※HDDはご要望に応じて4T〜24T
 ・カメラヘッド
   型によって高速CMOSカメラヘッド 1〜4台
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・カメラケーブル
   LRH1530d USB3.0ケーブル 3m
   LRH2510d CameraLinkケーブル 5m
   LRH3510d CoaXPressケーブル 5m
   ※ 延長ケーブル別売
撮影速度と解像度・録画時間 (※LRH1540v)
非圧縮モード時 圧縮モード時
撮影速度
[fps]
解像度(画素) 録画時間
SSD512GB[分]
解像度(画素) 録画時間
HDD8TB[時間]
120fps 1,920×1,200 約24分間 1,920×1,200 約70時間
150fps 1,920×1,080 約22分間 1,920×1,080 約70時間
180fps 1,920×860 約22分間 1,600×860 約70時間
200fps 1,920×780 約22分間 1,600×760 約80時間
250fps 1,520×720 約24分間 1,280×720 約80時間
300fps 1,200×700 約26分間 1,200×700 約90時間
400fps 960×580 約29分間 800×560 約100時間
500fps 800×512 約32分間 720×480 約130時間
750fps 560×380 約41分間 400×320 約160時間
1,000fps 480×280 約49分間 400×220 約280時間
1,500fps 272×200 約50分間 - -
2,000fps 272×112 約55分間 - -
※圧縮モードについて
 ・録画時間は画像の圧縮率変化により変わります。
 ・録画は10倍以上の非可逆圧縮。
  外付けHDD(USB3.0)は機種を選びます。
  (書込み速度の遅い一部製品で
   録画不具合が発生します。)
※1/10 ROI指定時、録画時間は10倍になります。

採用事例

ラインレコーダーは、様々な製造業の工場や、技術・研究・開発部門をもつお客様に採用されています。
  • 企画・設計工程の評価に
  • 加工・検査時の状況分析に
  • 充填・梱包工程の状態確認に
  • AIに向けた情報記録に
製品紹介 [ラボレコーダー]

ラボレコーダー 概要

研究現場における高速現象を、高画質の長時間ハイスピードカメラにより可視化。各種センサーデータと画像同期でロギングや、タイミングを意識せず実験に専念する長時間録画で研究・開発をサポートします。

モデルラインナップ

Vモデル - LRH1540v -

ネットワーク経由で遠隔操作。
リモート監視と捕捉したい現象の集中管理を実現。

【 ハードウェア構成 】
 ・NUC
 ・VCC-H1540 高速CMOSカメラヘッド
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・USBカメラケーブル 3m
   ※ 延長ケーブル別売
    10m・20m・30m・50m
Nモデル - LRH1540n -

コンパクトなバッテリー駆動。
屋外撮影などの環境にも柔軟に対応。

【 ハードウェア構成 】
 ・コントローラー(ノートPC)
 ・VCC-H1540 高速CMOSカメラヘッド × 1
   ※ カメラ2台型構成時は
     VCC-H1530 高速CMOSカメラヘッド × 2
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・USBカメラケーブル 3m
   ※ 延長ケーブル別売 10m・20m・30m・50m
Dモデル - LRH1530d LRH2510d LRH3510d -

最大〜20,000コマ/秒×大容量ディスク×4台同期撮影。
研究特殊用途向けのハイエンドタイプ。

【 ハードウェア構成 】
 ・コントローラー(デスクトップPC)
   ※HDDはご要望に応じて4T〜24T
 ・カメラヘッド
   型によって高速CMOSカメラヘッド 1〜4台
   ※ Cマウントレンズ別売
 ・カメラケーブル
   LRH1530d USB3.0ケーブル 3m
   LRH2510d CameraLinkケーブル 5m
   LRH3510d CoaXPressケーブル 5m
   ※ 延長ケーブル別売
撮影速度と解像度・録画時間 (※LRH1540v)
非圧縮モード時 圧縮モード時
撮影速度
[fps]
解像度(画素) 録画時間
SSD512GB[分]
解像度(画素) 録画時間
HDD8TB[時間]
120fps 1,920×1,200 約24分間 1,920×1,200 約70時間
150fps 1,920×1,080 約22分間 1,920×1,080 約70時間
180fps 1,920×860 約22分間 1,600×860 約70時間
200fps 1,920×780 約22分間 1,600×760 約80時間
250fps 1,520×720 約24分間 1,280×720 約80時間
300fps 1,200×700 約26分間 1,200×700 約90時間
400fps 960×580 約29分間 800×560 約100時間
500fps 800×512 約32分間 720×480 約130時間
750fps 560×380 約41分間 400×320 約160時間
1,000fps 480×280 約49分間 400×220 約280時間
1,500fps 272×200 約50分間 - -
2,000fps 272×112 約55分間 - -
※圧縮モードについて
 ・録画時間は画像の圧縮率変化により変わります。
 ・録画は10倍以上の非可逆圧縮。
  外付けHDD(USB3.0)は機種を選びます。
  (書込み速度の遅い一部製品で
   録画不具合が発生します。)
※1/10 ROI指定時、録画時間は10倍になります。

採用事例

ラボレコーダーは、官公庁や国立研究開発法人、大学など様々な研究に携わるお客様に採用されています。
  • 流体の現象の解析に
  • 材料開発の現象観察に
  • 粒子等の運動解析に
  • 人・動物等の行動解析に
よくある質問
Q.開発元はどこですか?

A.

開発元は株式会社デジモです。
2017年夏に株式会社ソフトサービスとグループ会社になりました。

Q.「ラインレコーダー」と「ラボレコーダー」の違いは何ですか?

A.

「ラインレコーダー」シリーズは製造業のお客様向けの製品、
「ラボレコーダー」シリーズは研究機関のお客様向けの製品の位置づけとなります。

デジモ社は、もともと研究機関のお客様向けにハイスピードカメラシステムの開発・販売を行っておりました。このなかで培ったノウハウを元に製造業のお客様向けに製品化されたのが「ラインレコーダー」シリーズとなります。
現状は、両シリーズのスペックの違いはほとんどありませんが、今後はそれぞれの分野に特化した製品・機能のリリースを予定しております。

Q.カメラだけの購入はできますか?

A.

カメラ、コントローラ(PC)を含めて最適な構成で動作するようにシステム化されている為、カメラ単体での販売は実施しておりません。

Q.オプションにある画像処理ソフトウェアについて、新しく機能を追加することはできますか?

A.

事前に打ち合わせを行わせていただき、要件を伺うことで、弊社技術者による開発を行うことができます。まずは一度お気軽にご相談ください。

Q.撮影する環境や照明などが不安なのですが?

A.

カメラの精度が優れていても、撮影する環境や照明により、期待通りの撮像が得られない場合があります。照明や取付冶具など各種オプションに加え、弊社の経験豊富な技術者がサポートいたします。まずは一度ご相談ください。

Q.価格はいくらですか?

A.

お問い合わせください。

Q.評価機を借りることはできますか?

A.

有償(3日間で30,000円、1か月で150,000円)にてレンタルを行っております。
詳しくは弊社担当までお問い合わせください。

※レンタル機器に限りがございますので、ご要望の期間にご用意できない場合がございます。
※個人でのレンタル・海外への対応はお請けしておりません。
※レンタルは1ユーザにつき1回までのご利用とさせていただきます。
※貴社の責に帰する故障修理(盗難、紛失、水濡れ、落下、過電圧、解体等)が発生した場合は誠に恐れ入りますが、修理費実費をご負担いただく場合がございます。 あらかじめご了承ください。

お問い合わせ窓口

株式会社ソフトサービス
本社(福岡)
092-477-5566
関東営業所
03-5809-1428
関西営業所
06-6881-2709

株式会社デジモは株式会社
ソフトサービスの子会社です

資料請求・お問い合わせはこちら