採用情報

先輩メッセージ:大森 千潤

   
  お客様の笑顔のために
  関東事業部
技術1部
FAアプリ開発1G
大森 千潤(おおもり ゆきひろ)
2011年入社 九州工業大学大学院 情報工学府修了

これが私の仕事

現在、私は基板実装機の開発に携わっています。基板実装機とは、携帯電話やパソコンなどの基板の上に部品を載せるための機械です。精度や速度が求められるものになります。
この基板実装機を制御するソフトウェアの設計とプログラミング、テストを行っています。テストを実施する際には実際に機械を操作することもあります。機械を制御するソフトウェアのため、ハードウェアの知識も必要となるので幅広い知識や経験を身に付けることができる仕事です。

うれしかったこと・感動したこと・やりがい

お客様に喜んでもらえる、納得してもらえる仕事ができたときが、うれしさを感じるときです。
この業務に携わった当初はハードウェアはもちろんのこと、ソフトウェアの知識も不足しており、わからないことだらけで仕事をこなしていくことに必死でした。周りの方々にも支えられ、多少なりとも経験、知識が身についたことで、自分の設計やコードでお客様に喜んでもらえる機会が増えてきました。
お客様に喜んでもらえると自信になりますし、仕事へのやる気もでてきます。まだまだうまくいかないこともありますが、お客様の喜びのために、良い仕事ができるように努力したいと思っています。

成功談・失敗談・苦労したこと

苦労したこととして時間の制約があります。
あたりまえのことですが、仕事は限られた時間の中で成果を出さなくてはいけません。学生時代に私は時間を気にせず勉強していたため、入社してからも、なかなか仕事の時間を上手に使うことができていませんでした。周りの方々のサポートによって仕事をやってこれ、だんだんと効率的に時間を使えるようになってきたと思います。今後はさらにスキルアップして、より効率的な仕事をしていきたいと思います。

先輩からのアドバイス

私は情報系の大学出身のため、入社当初は多少ソフトウェアの知識はあったつもりでした。
しかし、仕事に就いて不足している知識の多さを感じ、大学で専攻していた内容以外にも必要となることが山のようにあることを実感しました。また、当時は不足した知識を補うために勉強していた内容も、自分が知らなかっただけで意外とおもしろいと思うこともありました。

最初から幅広い知識を身につけておくことは難しいですが、まずは視野を広げてみるといいと思います。
自分が好きなことを突き詰めることも重要ですが、それ以外の知識も必ずどこかで役に立つでしょうし、好きなこと以外にも面白い世界が待っているかもしれません。

趣味

毎週末に甲府の地元の方々とソフトボールをしています。
定期的に体を動かすことで、心もリフレッシュできていると思います。
また、地元の方々と交流する貴重な時間にもなっています。

休日の過ごしかた

平日の帰宅後も含め、家にいるときは妻と娘と過ごしています。娘はまだ小さいですが、やんちゃなので世話するだけで一日が終わってしまいます。
しかし、どんなに大変でも妻と娘の笑顔が仕事へのやる気になります。