採用情報

先輩メッセージ:中原 涼

   
  他社に負けない”ものづくり”と”自分づくり”
  本社事業部
FAソリューション部
中原 涼(なかはら りょう)
2010年入社 有明工業高等専門学校 機械工学科卒

これが私の仕事

私はFA(ファクトリー・オートメーション)装置開発プロジェクトで、”半導体レーザーマーカー”という新製品の開発を担当しています。簡単に紹介すると、半導体レーザーを使用した極小のレーザースポットによるレーザー加工機です。1mm×1mmのスペースにQRコードを高品質に印字することができます。
    製品の紹介ページがありますので、是非ご覧ください! 詳細はコチラ

開発現場では、社内だけに関わらず高い技術を持った方々に囲まれながら、日々製品の開発に取り組んでいます。新製品の開発にあたり既存の技術の習得はもちろん、新しい技術の開発にも取り組みました。中には特許を出願しているものもあります。他社には真似できないもの作ることが私の仕事です。

うれしかったこと・感動したこと・やりがい

新製品の第一号機を国内最大の展示会に出展した際の話です。展示会では様々な企業が製品を展示しており、海外からもの多くのお客様が来場されました。その会場の活気に触れ、とんでもなく大きな業界に足を踏み込んだのだと驚きました。ブースにお越しくださったお客様へ製品を紹介した際も驚きの連続で、名刺を交換した時に『!!!』と何度もなりました。これまで日本のものづくりを引っ張ってこられてた方々から直接アドバイスを頂けたことは本当に感動しましたし、貴重な経験となりました。その時に『自分はこの業界で生きていこう!』と心に決めました。自分が開発した装置が世界中で活躍するのを目標に今は仕事に取り組んでいます。

この会社を選んだ理由

この会社を選んだきっかけは、就活でどの会社の面接を受けようか悩んでいた時に、担任の先生から『「こんな学生が欲しい!」って社長自ら、学校に来た会社があったよ』と、紹介されたのがきっかけでした。リーマンショックの影響で急に景気が悪くなり、新卒の就職率も下がった時期でしたから、どんな会社なのだろうと興味を持ちました。それから会社説明会に参加し、やったこともない全く未知の仕事だけれども『やってみたい!』と思い、面接を希望しました。結果、内定を頂くことができました。

その後の学校の卒業研究の発表会では、社長が学校まで足を運んでくださり、事前に何も聞いてなかった私は、ガチガチになりながらも社長の前でプレゼンを行ったことを今でも鮮明に覚えています(笑)今でもとても温かみのある会社だと実感しています。

先輩からのアドバイス

私は学生時代に機械工学を学習し、入社後にソフトウェア開発の技術を学びました。機械に触れることができず、少し寂しく感じていた時に装置開発のプロジェクトに携わることになり、結果的にメカとソフトの両方の技術を活用しています。就職活動において、企業選びは大変悩ましいことです。専攻していた分野に絞って選びがちになってしいますが、勇気を持って違う分野に目を向けてみるのもいい事だと思います。実際に企業に就職してみると、未経験だったという人が意外と多いものです。選択肢として幅を広げてみることで、企業選びも少しは楽になりますし、今とは全く違う自分を想像してみるのも楽しいはずです!

マイブーム

ついこの前ふと『チェスができるようになりたい』と思うことがあり、入門書を買いました。今は弱設定のCPUと対戦してますが、上達してオンライン上で世界中の人達と対戦しながら楽しめたらいいなと考えてます。

好きな本

好きな本はたくさんありますが、一番印象に残ったのは、中学生の時に読んだ『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ:Robert Fulghum』です。心が温まるエピソードがたくさん書かれていて、楽しく読めます。