採用情報

先輩メッセージ:今永 始

   
  新しい技術に触れられる喜び・創る楽しみ
  関西事業部
技術部
今永 始(いまなが はじめ)
2009年入社
麻生情報ビジネス専門学校 インターネットシステム科卒

これが私の仕事

私はマシンビジョングループという部署で、画像処理関係の業務に携わっています。画像処理と言ってもさまざまありますが、私たちの業務は主に工場の生産ラインで流れている基盤配線部の断線など製品の欠陥検査を人の目ではなく、カメラで撮影した画像を処理して、良品・不良品を自動で判別するアプリケーションを作っています。

今まで目視による検査だったために判定基準がばらついたり人の目では判断の難しい箇所の検査があったりしました。しかし画像処理を用いることで高い精度の検査を実現しています。プログラミングだけでなくカメラや照明など機器類の選定も重要な仕事です。お客様の満足のいく結果を出せるよう尽力しています。

うれしかったこと・感動したこと・やりがい

一番のやりがいは、画像処理という他ではなかなか触れることのできない業務に携わることができていることです。私は工業高校の情報科から専門学校も情報系と主にプログラミング言語を中心に学んできましたが、画像処理は全く新しい知識で、毎日が学びにあふれ、産業用のロボットアームなどにも触れることができ、やりがいに満ちています。

また、画像処理は多くの分野で活躍・貢献できる場面がたくさんあります。一人でも多くの人に喜びと感動を与えられるよう頑張っています。

この会社を選んだ理由

最も心を惹かれた点で、この会社の大きな魅力の一つだと感じていること、それは社員がイキイキとした表情で自分の仕事を語る姿にありました。会社説明会の場で社員が自分の仕事について楽しそうに語られていた姿は今でも忘れません。こんなに笑顔で語ることのできる仕事ができる会社で働けたら良いなと強く感じました。今でもこの会社に入社できて良かったと語ることはできますが、こんな風に語るにはまだまだ経験が足りません。

私が作ったもので社会に貢献したり、お客様に感謝して頂けたりすることで先輩方と同じように、心から人を惹きつけられるくらいこの会社、この仕事の魅力を伝えられる社員となりたいです。

将来の目標・夢・ビジョン

私はプロジェクトマネージャーを目標にしています。プロジェクトを成功させるため、予算や人員の管理などに責任を持つ重要なポジションで、需要が高いですが、ソフト業界全体として、そういう人材が不足しているとよく耳にします。

プロジェクトマネージャーへの道のりは困難なこととは思います。どのような知識、技術を持てばよいのか勉強不足ではありますが、まずは担当した業務を絶 対に成功させるという意識を強く持ち、スキル面ではプロジェクトマネージャー資格取得を目指していきたいと考えています。

趣味

最近ダーツを始めました。マイダーツも買って意気込みは十分。友人や社員と一緒にわいわい楽しくやっています。まだ私も始めたばかりで下手ですがダーツに興味のある方、入社して是非一緒にダーツをしましょう!

休日の過ごしかた

休日は学生時代の友人とカラオケや映画にいったり、ちょっとした連休では同期や先輩たちとキャンプにいったり近場に観光旅行に行ったり、社員とも仲良く遊んでいます。