IoT / IIoTのキーテクノロジーVORTEX

Vortex / DDS概要

 高機能なデータシェアリングプラットフォーム「Vortex」は、機器と機器、機器と人の間のリアルタイムなデータ共有を実現します。「機器」と一言で言っても様々な種類がありますが、ここで言う「機器」にはセンサーやリアルタイム組み込み機器ユニット、モバイル、PC、サーバー機等、ネットワーク経由にてデータ共有が必要なもの全てが含まれます。
高機能なデータシェアリングプラットフォーム「Vortex」は、ビジネスクリティカルなIoTアプリケーションにも最適と言えます。確実なデータ送信、システムレベルでのデータ共有、そしてデータ分析のサポートを結びつけることで、ヘルスケア、エネルギー、輸送、スマートシティ、インダストリアルオートメイションといった幅広い業界に対して、お客様が「スマート・ソリューション」を提供する強力なツールとなります。
VortexはObject Management Group (OMG)が策定したData Distribution Service (DDS) for Real-Time Systems Standardが実装されています。データシェアリングにおける信頼性やセキュア性を設定するためにQoS(Quality-of-Service)によって、効率よく、セキュアで相互運用が可能なリアルタイムデータシェアリングが可能となります。
DDSによるデータシェアリングイメージ

DDSによるデータシェアリングイメージ
 Vortexは数多くのOS(Linux, Unix, Windows, Android, VxWorks, LynxOS, ElinOS…)、CPU(x86/x64, ARM, PPC…)、開発言語(C, C++, Java, JavaScript, C#…)をサポートしています。もちろん、開発環境もお客様が使用しているコンパイラや統合開発環境をそのまま使用可能です。また、Java EE Application ServerやOSGI frameworkといったアプリケーションフレームワークやプラットフォーム技術を使用することも可能です。

Vortexの特徴

IoT/IIoTのキーであるデータ共有を実現するDDS(Data Distribution Service)を実装
”Device to Device”, “Device to Colud”, “Device to Device via Cloud”
IoT/IIoTで使用される様々なプロトコル
データセントリックなパブリッシュ(出版)/サブスクライブ(購読)型のデータ分散
通信部分は全てVortexにお任せ
20以上あるQoSにより、リアルタイム性確保、二重化(冗長化)システム構築、優先度制御等を容易に実現
上位システムと各ノードの接続、他社システムとの連携、ノードの追加や入れ替えが簡単なシステム構築が容易
OSやCPU等のプラットフォームや開発言語に非依存
MQTTやAMQP、XMPP等のIoT/IIoTでも使用される100以上の通信プロトコルとの接続をサポート

Vortex製品ラインナップ



Vortex Device
組み込み機器、モバイル、PC、サーバー機、WEBブラウザ等の異なるプラットフォームでのリアルタイムデータシェアリングを実現
DDSフル実装のOpenSplice、リソースの少ない機器向けに最適化されたLite、ピュアJAVAにDDSを実装したCafé、HTML5やWebブラウザで利用できるDDS APIを提供するWeb等各環境向けに最適化された製品を用意
コンフィギュレーションツールやモニタリングツールを利用可能
Vortex Cloud
Cloudを利用した、WAN環境を含む幅広いネットワーク環境でのデータシェアリングを実現
ユビキタスなデータシェアリングやVortexシステム、”Systems of Systems”のWAN接続を可能にする、ルーティング/ディスカバリーサービスを提供します。
Vortex Gateway
100以上の異なる通信プロトコルをDDSと接続するゲートウェイプラットフォーム
サードパーティ性システムやレガシーアプリケーションを容易にDDSに接続

Vortex採用実績

IoT / IIoTのキーテクノロジーであるDDS / Vortexは日本国内外の幅広い分野のお客様にご採用頂いています。

お問い合せ窓口

株式会社ソフトサービス
本社(福岡)
092-477-5566
関東営業所
03-5809-1428
関西営業所
06-6881-2709
お問い合わせはこちら

PRISMTECH社